Inkscapeを使えば綺麗なロゴを簡単に作成することができます.今回作成するのはリボンを折り曲げたような形をしたロゴです.これはひらがなの「り」をイメージして作成されています.フラットデザイン的に作られていますが,これはより進んで,Googleの提唱する「マテリアルデザイン」の要素を持たせてデザインしています.

マテリアルデザインはGoogleが2014年に発表し提唱したデザイン体系です.基本的にはAndroidのUI (ユーザーインターフェース) を実装する指針として作成されていますが,ウェブでもiOSでもアイコンデザインでも適用可能な,汎用的で洗練されたデザイン体系でもあります.

アイコンやロゴをデザインするという文脈に限定してマテリアルデザインとは何かを大雑把に説明するなら,「紙で作ったフラットデザイン」という説明が端的だと思います.例えばGoogleは自社でこんな実験的なデザインを試しています.

top

マテリアルデザインが「紙で作ったフラットデザイン」ということの意味は,つまり次の2点に集約されます.

  1. 単純な幾何学図形と明瞭な色を使用する,いわゆる「フラットデザイン」であること
  2. 構成要素は紙で構成され,その下に影が落ちること

material-design

今回のチュートリアルで解説したロゴはしばしば Origami logo (折り紙ロゴ) と呼ばれます.折り紙ロゴ自体はマテリアルデザインの登場以前から存在していたのですが,マテリアルデザインが紙をモチーフにしたデザインを推奨したために,マテリアルデザインの発表後にしばらく流行しました.

折り紙

上記の検索画像の中にも今回の「り」のロゴに似たものがいくつかありますが,中でも動画内で言及している2つを紹介します.Android Nougatのロゴと,Netflixのロゴです.

ロゴたち

このように,フラットデザインは複雑に進化しています.「フラットデザイン」,「フラットデザインを推し進めたマテリアルデザイン」,「独自に進化してきた折り紙ロゴ」そして「マテリアルデザインと融合した折り紙ロゴ」などなど.ロゴデザインのトレンドに注意深く目を光らせることで,Inkscapeを使ったデザインのセンスを磨きましょう.

広告