立体的な球状のロゴ作る #048

立体的で光沢のあるロゴはとても見栄えがします.今回の動画では,このような美しいロゴをInkscapeで作成する方法を解説しています.この記事では動画の最後に紹介したカラーバリエーションの作り方について,簡単に説明します.​

光沢のロゴ!

簡単な自作色パレットを作るには,Inkscapeのスウォッチという機能が便利です.上掲の動画ではスウォッチの機能を使用していませんので,ここで簡単な例を見ながら使い方を説明します.


スウォッチ機能とは,色を登録しておくための機能です.イラストの複数の場所で同じ色を使用しているときに,その箇所の色を後で変えたいときがあると思います.しかし複数ヶ所の色を1つ1つ修正していくのは手間がかかりますね.そうしたときに,後で変更するかもしれない色をスウォッチに登録しておくことで,一括で修正することが出来るようになります.

スウォッチの機能は「フィル/ストローク」のタブから使用できます.オブジェクトを選択した状態で右から2番めのアイコンをクリックすると,そのオブジェクトの色をスウォッチに登録します.

スウォッチは右から2番目のアイコンです

スウォッチに登録された色は,フィル/ストロークのダイアログ上にリストで表示されるので分かりやすく一覧できます.それぞれの色には名前を付けることができ,また使用されている数を表示してくれます.

例えば下のマリオの画像を見てみましょう.この例ではスウォッチに登録された色に名前を付けています (字が小さくて読みづらいかもしれません…).4つの色が登録されており,それぞれが使用されている数も表示されてます.

帽子とシャツの色が cap_shirt として登録されています

使用回数の部分を見ると「cap_shirt」の色は2回使われていますね.この画像では帽子とシャツが別々のオブジェクトになっており,それらの両方共に「cap_shirt」という色が適用されている状態です.重要な点は,2つのオブジェクトに,スウォッチに登録された同じ色が適用されているということです.

スウォッチに登録された「cap_shirt」の色を変更すると,帽子とシャツ,2つのオブジェクトの色を同時に変更することができます.「帽子を選択して色を変えて,シャツを選択して色を変えて…」というような作業が必要なく,一発で帽子とシャツの色を変更することができるのです.

2つのオブジェクトの色を一括で修正!

これがスウォッチの基本的な使い方です.イラストの中で同じ色を設定したい箇所が複数あり,その箇所の色を後から一括で変更したいときにInkscapeのスウォッチ機能は大変有効です. 動画でも紹介しているとおり,スウォッチの機能は例えばロゴ制作などでも役立てることができそうですね.こうした便利機能を駆使して,効率的にデザイン制作を楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください