絵を書き始める時,どんな道具を使って始めるのかというところには個人差が出そうです.多くの人はデザインを始めるとき,まず紙と鉛筆を持つのではないでしょうか.紙に描いた下書きをデジタルデータとして清書するとき,Inkscapeでどのように作業を進めるべきかを解説しました.

多くの場合,デザインの始まりはペンです.最終的にコンピュータ上で仕上げることになるにせよ,まず始めに紙とペンから始めることは役に立ちます.紙で構想を練ると,コンピュータで行うよりもアイデアが湧くようになります.デザインのフローを簡潔にまとめたものはいくつもありますが,例えば次のように説明されることもあります.

  1. 何を描くか決めて、簡単なラフを作る
  2. 下書きを描く
  3. 清書する
  4. スキャナーで取り込む
  5. 取り込んだ画像を線画として加工する
  6. 完成図を想像しながらエリアを塗り分ける
  7. 色や模様をレイヤースタイルで載せる
  8. 完成

ここで「スキャナーで取り込む」とあるように,始めは紙にペンで描くという意味ですね.上で紹介したブログでは,取り込んだ画像をPhotoshopで加工して,素敵なイラストを作成しています.清書するソフトウェアとして何を使うにせよ,下書きをまず紙から始めるのは良いことのようです.

Inkscapeで下書きをトレースする際のコツとして,今回は次の2つの条件に該当する箇所にノードを打ちましょうと解説しています.

  1. 線が水平になる箇所
  2. 線画垂直になる箇所

これは分かりやすい方向性です.イラストの線を見て,線が真横に寝てる箇所にノードを打ち,また縦に立っている箇所にもノードを打ちます.この単純なやり方でどれくらい正確に下書きをトレースできるのか,動画を見て確認してみてください.

より精密に下書きをトレースしようとする場合,上の2条件を改め,次の3条件に該当する箇所にノードを打っても良いかもしれません.ノードを打つ箇所が増えるので線の制御が少し複雑になり,また手数も増えますが,より下書きに忠実な線を引くことが出来ます.

  1. 線が水平になる箇所
  2. 線が垂直になる箇所
  3. 線が斜め45度になる箇所

これによってどれくらい正確に下書きをトレースできるのか試してみてください.

広告