グラデーションを駆使してレトロなコンピュータ #002

Inkscapeの強力な機能の1つに「グラデーション機能」があります.色をベタ塗りで塗りつぶすだけでは表現できないような,繊細な質感や立体感を演出するために,グラデーション機能をマスターすることはとても役に立ちます.

つるつるピカピカしているプラスチックやガラスみたいな質感の球体のデザインチュートリアルの動画を,YouTubeで無数に見付けることが出来ます (例を1つ,下に貼っておきます).球体のデザインにいおいて,またツルピカな質感の表現において,グラデーション機能は非常に大きな役割を果たします.

カッコイイですね!

今回のチュートリアルは,その延長線上にあるチュートリアルです.マットな質感のプラスチックの画面の枠の立体感,光沢のあるガラスでできた画面のテカリ具合,これらをグラデーションは非常にうまく表現しています.

動画で使ったフォントは?

使用されている「FGPミライゴシック ポテ (※リンク切れ)」のフォントも,古いパソコン画面の文字表示としてレトロな趣たっぷりで,全体の調和を演出しています.

FGPミライゴシックポテ&斜め | font

以前までこのフォントは販売されていたのですが,2019年10月現在では販売は中止されています.理由のほどは不明ですが,このような素晴らしいフォントが利用できない状態はとても惜しいですね.

余談…

ちなみにこの動画では,私が音声で解説しません.録音をしてあったのですが,途中(約6:58の位置)で動画をカットして繋げた結果,音声も編集せざるを得なくなりました.しかし音声を動画に合わせて綺麗にカットする技術が無く,泣く泣く全編を字幕でお送りする羽目になりました.失敗失敗.

「グラデーションを駆使してレトロなコンピュータ #002」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください