超難問?解けない数独の作り方! #060

今回のチュートリアルの中核的なテクニックは「整列と配置」の中心に揃える機能です.当然マス目の中心に数字を書き込んでいきたいわけですが,これを目測に頼らすにシステマチックにきちんと中心に文字を配置したいですよね.それを行うためのテクニックが今回の動画の後半で紹介されていますので,ぜひご覧ください!

解けない…?

この問題は何?

さて,このチュートリアルで作成する数独の問題は本当に解けないんでしょうか?実はこの数独は,初州が2017年に飛行機に乗っていたときに遊んだ数独の問題なのでした.この数独をとき終わる前に飛行機が目的地に到着してしまったため,問題の画面を写真に撮って,飛行機から降りた後も延長戦で取り組んだのでした.

これが元の問題

紙にメモを取って,解き終わるまで粘り強く取り組んだのですがどうしても解き切ることができませんでした.正確に言うと,解き進めるうちにある疑念が頭をよぎるようになり,それを早く解消するためにオンライン上の数独の自動解答アプリを使って答えを探索してみたのでした.

どうも怪しい…

まさか機械が解けない出題をするなんて!

なんとのこの問題,ここまでにも書いているように「解けない」のです!正確に言えば「正解」が1通りに決まらず,正しい解答が4つも作れてしまう不良設定問題だったのです!

4つの解

上に書いた図はあり得る4つの解答をすべて列挙した図で,縦の赤列と黄列,横の青行と緑行がそれぞれ入れ替えても矛盾なく成立してしまうのです.まさかそんな不備のある問題が,飛行機の数独ゲームから出題されるとは思ってもみなかったので初州はたいへん驚いたということをよく覚えています (もうちょっと実態に近い言葉を選ぶなら「呆れた (笑)」).

あまりにも印象的だったので,チュートリアルのネタにしてしまえと思って作ったのが今回のチュートリアルなのでした.もちろんこんな思い出話のことを少しも気にする必要がないような,チュートリアルとしてはとても真面目な内容になっているので Inkscape に慣れるための良いレッスンとしてぜひ活用してみてくださいね.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください